pear





   ☆白金ナノコロイドでダイエット!!!☆



 

白金ナノコロイドとは?

最近よく耳にする白金ナノコロイド(プラチナ・ナノコロイド)。
ミネラルウォーター、美容液やヨーグルトに配合されているのを
よく見かけるようになりました。

 試しにヨーグルトを食べてみたら今までのヨーグルトとは明らかに
違いましたよ。

なんか口の中がさっぱりするというかんじです^^☆

 フランスのルルドの水など世界4大名水には微量のプラチナが
含まれているそうです。不老長寿の水と言われる九州の
有名な湧き水にも微量の白金が含まれているみたい。

白金ナノコロイド(プラチナ・ナノコロイド)とは、 プラチナを
2ナノメートルという極小の粒にしたもので
東京大学大学院の宮本有正教授らの研究によって開発
されました。

2ナノメートルといっても想像できないけど、ナノとは
10億分の1を示す長さの単位です。

(10億分の1というのは、地球とビー玉ぐらいの差になる
そうです。)

つまり、プラチナを10億分の2メートルの長さの粒にして
コロイド状にしたものをプラチナ・ナノコロイド
といいます。

(コロイド状とは、普通の顕微鏡では見えない超微粒子(ここでは
プラチナのこと)が水などに分散した状態のことです。)

 

プラチナ・ナノコロイドの特徴

酸化した物質を元の状態に戻す還元作用があり、
 白金が活性酸素の働きを抑えるといわれている。

コエンザイムQ10(CoQ10)など抗酸化作用があると
 言われている素材は、体内にある7種類の活性酸素のうち
 特定の活性酸素しか除去できないが、
 プラチナナノコロイドには全ての
 活性酸素を除去する効果があると言われている。

白金ナノコロイドは体内にある限りは半永久的に
 抗酸化物質として働くと言われている。
 それに比べてCoQ10など従来の抗酸化物質は
 一度活性酸素を除去すると、その抗酸化作用は失われてしまう。

プラチナナノコロイドは、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、
 肌荒れ、リウマチ治療などにおいても効果が期待されている。

            >>>NEXT 雑穀ご飯でダイエットへ