女性のメタボリックシンドローム




ga-bera





  ☆女性のメタボリックシンドローム☆



 メタボリックシンドローム(症候群)。中年男性に多いとされて
いますが、実は女性も気をつけた方がよさそうです。

 目安とされているウエストサイズは男性85cm以上、女性90cm
以上とされていますが、この数字はアジアを含め、日本の女性には
少し甘い数字だそうです。

糖尿病治療や肥満対策に詳しい岡部正医師は、アジア女性向けの 基準は80cmと指摘しています。

この医師が300人の女性を対象に調べた所、78cmから80cm
ぐらいにウエスト回りが達するとアディポネクチン(下に説明あり)が
減り始めることがわかってきました。


なので、80cm前後の人もメタボ、要注意です!!


ただし、身長差を考慮にいれた方がいいので、

岡部医師は、18歳の時の体重に比べて今どれだけ増えたかを
目安にするのがよい、と言っています。

あ、男性はちなみに20歳の時の体重と比較してくださいね。

 18歳か〜〜〜、なんかため息がでちゃいますけど(笑
この頃と比べて体重が5キロ増えた人は危険ゾーン、
10キロ増えた人はメタボリックシンドロームの疑いが
あるそうです。

更に女性は若い頃は内臓脂肪より皮下脂肪が先につくけれど
35歳くらいから内臓脂肪の方がつきやすいので
35を過ぎたらメタボリックシンドローム要注意ですね。



☆☆☆一口メモ  アディポネクチンとは?☆☆☆

 脂肪細胞から分泌されるホルモンで標準的な体格の人の
血液中にはたくさんあるホルモン。

インスリンの感受性を高めるので血糖値の上昇を抑えたり
(糖尿病の予防)、脂肪を燃焼させたり、血栓予防や
動脈硬化予防になる大切なホルモンです。

内臓脂肪が増加して脂肪細胞が肥大化するとアディポネクチンの
分泌量は減ってしまいます。

 減ってしまうと脂肪を燃焼させる力が減るので更に
内臓脂肪がたまり、メタボが更に進むという悪循環にもなります。

また血液中に存在するアディポネクチンは、血管が傷ついて
いるところを発見すると、すばやく入り込んで修復してくれます。

・・・・とアディポネクチンは健康には欠かせないもの
だったんですね。


 アディポネクチンを減らさないように内臓に脂肪を
ためないようにしたいですね!

健康に続けられるダイエットをして女性もメタボリックシンドローム
予防しましょう!

                   >>next 冷えはダイエットの大敵へ